5月20日(土)勝沼地区だけの5月のワインツーリズムが開催されました。
DSCN7040.JPG
DSCN7039.JPG

快適な季節感の中でのワインツーリズムと思っておりました。

ところが ところが 温度計は ぐんぐんup 30度を越した猛暑の中での

ワインツーリズムとなりました。

事務局からは事前の参加者数は470名程度とお聞きしておりました。

秋のワインツーリズムの約1/4の規模です。

秋のワインツ゚ーリズムでは参加者の約1割のお客様(200名程度)が立ち寄ってくれます。

今回のお客様は50名程度かなー と思っておりましたが

なんと なんと 約100名程度のお客様が立ち寄って3種類の無料ワイン、と

有料ワインの、東夢だけの葡蘭酎、鳥居平産の各種ワイン、甲州種ワイン・もてなし 等を

焼き鳥、ジャム乗せクラッカー、スライストマト、等 で満喫して頂きました。
DSCN7054.JPG
DSCN7051.JPG
DSCN7053.JPG
DSCN7049.JPG
DSCN7042.JPG
DSCN7048.JPG
DSCN7043.JPG
DSCN7044.JPG
DSCN7057.JPG


お帰り時には「秋のワインツーリズムで再会を約束し元気に次のワイナリーに向かわれました。」

暑い中有難うございました。

一部デジカメ写真の移りが悪くて申し訳ありませんでした。


※今回よりホームページを再開できるようになりました。

 なるべく毎日・時々 掲載したいと思います。よろしくお願いいたします。




4月15日 ワインと花見

| トラックバック(0)
東夢ワイナリーをこよなく愛し続ける女性3人が東京から訪れてくれました。

お客様はまずワイン好きと感じました。
DSCN6947.JPG

スキンコンタクト醸造 「河原の甲州かざま」 ひと口 二口 美味しい!!!⤴

「樽熟成甲州種KAZAMA」 樽香 ひと口 う~ん 大人の味 ぐいぐい飲めてしまう!

「幻のワイン アジロン」 甘~い  香り 黒蜜の香りそしてスッキリ味 最高!

「新品種勝沼ビジュノワール」 美味しい 濃い まろやかな渋味 いいですねー!

運転手担当さんは二人の試飲を観て いいなーーー! 美味しそう 自宅用に白ワイン2本購入

結論 本日のお客様はワイン大大好きの3人とお見受けいたしました。

お土産用か自分用か分かりませんがワインを購入して頂き、桃と桜の花見に向かいました。

お土産有難うございました。
小平市在住吉原さんの(東夢ワイナリースタッフ勝沼町出身)ご婦人グループの

皆様が、東夢ワイナリーと桃と桜の花見に勝沼に訪れてくれました。

                  後列男性が吉原さん
DSCN6946.JPG

まず、ワイナリーで試飲をして頂きお土産にプレミアム勝沼貴婦人(赤)、「黒い宝石」

と言われる新商品勝沼ビジュノワール(赤)、樽熟成鳥居平もてなし(白)、100%ぶどう

ジュース等購入して頂きました。

今年は、桜と桃が一緒に咲き今週が見頃の勝沼地域です。

天気も良く甲斐路の春を満喫されたと思います。
東夢ワイナリーに初狩町出身の同級生を中心とする大の仲良しグループの皆さん

が 東夢ワイナリー ~ 桜・桃の花見 ~ いちご狩り ~ 下部温泉泊の

旅の途中で立ち寄ってくれました。

           写真最前列の態度の大きい人が山岸顧問

DSCN6944.JPG

東夢の山岸顧問も参加者の皆さんをよく知っており楽しい一時を過ごしました。

お客様は、到着後 ワイナリー説明、東夢農能工房のジュース、ジャムなどの購入、ワインの

試飲、購入と早くもお土産買いとなりました。

  さっちゃんの楽しいブランコ乗り横の男性は?!ご心配なく あれ!いやだよ~~!
DSCN6941.JPG



DSCN6940.JPG
DSCN6939.JPG


東夢ワイナリースタッフの渡辺さんが自分の畑用に甲州種、メルロー、カベルネ等の

接ぎ木200本を作りました。

次の作業は、接いだ木を接ぎ木箱に入れ温めて芽が出るのを待ちます。

昨今は全国的にワイナリー建設が活発でぶどうの苗木が不足しております。もちろん価格も

高騰しております。

渡辺さんが接ぎ木用の器械を使って穂木と台木に切り込みを入れてます。
DSCN6930.JPG
短い木が穂木(上部になります) 長いほうが台木(下部になります)
DSCN6933.JPG

コンロでロウを溶かし接続部分をコーティングします
DSCN6935.JPG

200本の接ぎ木完了
DSCN6937.JPG
DSCN6932.JPG

平成28年3月から 公益財団法人 やまなし産業支援機構様 のご指導の下に取組

んできました商標登録申請

①果実酒 白ワイン名 「もてなし」

② 甘味果実酒名 「葡蘭酎」(ぶらんちゅう) の結果が

平成29年3月3日付で特許長官名で商標登録完了報告がきました。

このことにより

果実酒、洋酒、中国酒、薬味酒についての商標名「もてなし」「葡蘭酎」名は東夢ワイナリー

だけの独占使用が可能となりました。



3月9日 ワイン棚 作成

| トラックバック(0)
高野会長の設計・施工工事でワインセラーのワイン棚が完成いたしました。

今までは収穫籠を積み重ねてワインの整理をしてきましたが、今後はこのワイン棚で

裏表で24種類 500本が保管されセラーが整理整頓されます。

この様な棚を購入するには10万円以上の価格となります。

今回の経費は12,000円・税込 除く人件費となりました。

高野会長有難うございました。
DSCN6920.JPG
DSCN6924.JPG
DSCN6926.JPG
玄関には招き猫をセットし今後の商売繁盛をお願いいたしました。

         購入価格699円・税込   商売繁盛 間違いなし!!?

各写真をクリックすると拡大します。
DSCN6921.JPG

東夢ワイナリーをこよなく愛し続ける13名が石和常盤ホテルで

ゆっくり湯につかった 後

チョット遅い新年会・大変早い忘!!年会を開催いたしました。

乾杯の1杯はビールその後はワインオンリーでした。

本日のワインは東夢ワイナリーに関係する多くのワイナリーの各種ワインを頂きました。


    東夢ワイナリー高野会長の挨拶         荒澤社長の挨拶
DSCN6901.JPG
DSCN6899.JPG

           東夢農場池田社長の音頭で乾杯
DSCN6902.JPG
DSCN6903.JPG

この1年間の新しく集った新人さん達の挨拶 内藤さん顔が黒くて申し訳ありません 吉原さん(左側) 菊島さん(右側)
DSCN6908.JPG
DSCN6907.JPG
DSCN6905.JPG

酔ってる風景

DSCN6914.JPG
DSCN6911.JPG

東夢農能工房小原社長の締めの挨拶
DSCN6912.JPG

            0時頃の酩酊している皆さん3時半まで続きました。各写真をクリックすると拡大します。
DSCN6916.JPG

東夢ワインリーでも主要機器の自動化が県・国からの補助金の活用で導入できました。

導入に際し、県・国との交渉打合せ、大量の申請書類の作成、機械操作の確認など

高野会長が一手に引き受けて各種自動化装置の導入となりました。

導入装置

①濾過機

従来は半自動の中古機器で濾過器のサイズに濾紙をカットしこの濾紙を重ねワインを

通過させる事により濾過を実施してきましたが、今度は専用のセラミックフィルターを

セットし濾過ができ手間いらずです。

   写真は山岸の技術不足で縦になりません、後90度右に立てて見て下さい。

DSCN6876.JPG


②タックラベラー機

従来は半自動の中古機器でしたが、今度は瓶をコンベアーに流せば表ラベル、裏ラベル、

が同時に貼れます。また、キャップシールも瓶にセットして流せばきれいにセットできます。

DSCN6869.JPG


③減圧蒸留装置

大変高額の装置です。

葡蘭酎等を造る時のブランデー造りに欠かせない装置です。

     写真は山岸の技術不足で縦になりません、後90度右に立てて見て下さい。

DSCN6874.JPG

冬晴れ・無風・快晴・気温9度

ワイナリーの広場では 

「鉄板焼 千珠」様のオーナー様と共に7名のお客様がワイナリー巡りで立ち寄ってくれました。

 「鉄板焼 千珠」様 立川市曙町3-4-3武蔵ビル1階

「千珠」様は東夢農能工房社長の小原さんの地元のお店で東夢ワイナリーからワインを納入

させて頂いております。

ワイナリーの昼食は、薪ストーブを囲み、小原さん手作りの甲州ほうとうやパミスカレーを楽

しんで頂き、もちろん東夢ワインを満喫していただきました。
DSCN6854.JPG
DSCN6852.JPGDSCN6853.JPG
DSCN6851.JPG

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja