東夢ワインリーでも主要機器の自動化が県・国からの補助金の活用で導入できました。

導入に際し、県・国との交渉打合せ、大量の申請書類の作成、機械操作の確認など

高野会長が一手に引き受けて各種自動化装置の導入となりました。

導入装置

①濾過機

従来は半自動の中古機器で濾過器のサイズに濾紙をカットしこの濾紙を重ねワインを

通過させる事により濾過を実施してきましたが、今度は専用のセラミックフィルターを

セットし濾過ができ手間いらずです。

   写真は山岸の技術不足で縦になりません、後90度右に立てて見て下さい。

DSCN6876.JPG


②タックラベラー機

従来は半自動の中古機器でしたが、今度は瓶をコンベアーに流せば表ラベル、裏ラベル、

が同時に貼れます。また、キャップシールも瓶にセットして流せばきれいにセットできます。

DSCN6869.JPG


③減圧蒸留装置

大変高額の装置です。

葡蘭酎等を造る時のブランデー造りに欠かせない装置です。

     写真は山岸の技術不足で縦になりません、後90度右に立てて見て下さい。

DSCN6874.JPG

冬晴れ・無風・快晴・気温9度

ワイナリーの広場では 

「鉄板焼 千珠」様のオーナー様と共に7名のお客様がワイナリー巡りで立ち寄ってくれました。

 「鉄板焼 千珠」様 立川市曙町3-4-3武蔵ビル1階

「千珠」様は東夢農能工房社長の小原さんの地元のお店で東夢ワイナリーからワインを納入

させて頂いております。

ワイナリーの昼食は、薪ストーブを囲み、小原さん手作りの甲州ほうとうやパミスカレーを楽

しんで頂き、もちろん東夢ワインを満喫していただきました。
DSCN6854.JPG
DSCN6852.JPGDSCN6853.JPG
DSCN6851.JPG

名張市より視察

| トラックバック(0)
東夢能×農工房で商品化している「ぶどうパミス」の活用について三重県名張市から

視察に来てくれました。
DSCN6849.JPG

東夢は、いち早く山梨県の六次化産業認定を受けワインの仕込み後に出る葡萄パミス

を活用して、葡萄の種類毎のパミスジャムやパミスのお塩、ほろ酔いカレー(葡萄パミ

スを提供)等の商品開発を実施し製造販売しております。

本日はこの取り組み状況を視察し名張市で今後の商品開発に役立てるようです。
新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

1月8日~9日にかけての雪も次第に解け暖かい陽射しに包まれている東夢ワイナリーです。

12月の6本12,000円感謝販売も大盛況で注文率45%の注文を頂きました。

新年は

  暖かい部屋で鍋など囲みよく冷やした「ゆずわいん」を 

      グッ!グッ!! グーー とグラスを傾け 大いに羽ばたきましょう。


① そこで東夢ワイナリーでは「ゆずわいん720ml」通常価格1,544円・税込/本を

  6本入/箱 6,000円+送料(含む代金引換手数料)=7,000円 

 12本入/箱 10,000円+送料(含む代金引換手数料)=11,000円 といたします。
DSCN6844.JPG
DSCN6847.JPG


② ご注文とお支払い方法

 ご注文はメールまたはFAXでお願いいたします。
  
  件名に「東夢ゆずわいん12本セット又は6本セット」の一文を記載して下さい。

  mail ー toumu0553@xui.biglobe.ne.jp 

  FAX       0553ー34ー5354 

③ 受注期間

  本日より2月28日(火) 先着販売の為商品品切れの際はご容赦願います。

  




12月30日 仕事納め

| トラックバック(0)
会社は自宅にいずらい高野会長、山岸顧問2名が出勤しております。


高野会長は年賀状の作成。

はがきに印刷。

年に一度の作成でプリンターの操作に手間取っております。


山岸顧問は12月の最終月締め作業中。

昨日荒澤社長が整えてくれた資料でスムースに締め切り業務終了。


ふと!外を見ると 

雲一つない日本晴れ 

社屋と南アルプスが素晴らしい姿で新年を待っております。

DSCN6836.JPG


DSCN6834.JPG

























今年一年多くの皆様にご支援いただきありがとうございました。

なだらかではありますが右肩上がりの傾向が出てきました。

来年も微笑みワイナリー.が継続できるよう頑張って行きますので

ご指導の程宜しくお願いいたします。
11月16日(水) 塩山カントリー俱楽部で東夢ワイナリーのゴルフコンペを開催いた

しました。

表現を変えると、東夢ワイナリーに集う年金受給者コンペと言ってもいいと思います。

なになに、スコアーは どの程度  報告をするほどのスコアーではありません。

やっぱり聞きたい!

それでは 優勝は グロスで「84」の東夢農場の池田社長です。

              写真後列の一番右側です
DSCN6777.JPG

準優勝以下のスコアーは報告しませんが接戦でしたので読者が想像して下さい。

OBも出ました、チョロもありました、ダブりました、グリーン上では球がすごーく

伸びました、カップに届きませんでした、アイアンの6番と9番を間違えました、

他人のドライバーを間違って持ち出しました。 

好スコアーに結びつかない多くの失敗を一部の人を除いて体験した様です。

結果

青空の下で力いっぱいドライバーを振り抜いた事だけは報告しておきます。

                            記 山岸 正夫
快晴とても気持ちの良い秋晴れ

東夢ワイナリースタッフ17名8時準備スタート9時30分準備完了

高野会長は(高野家、山岸家)孫殿を収穫ぶどうの運搬車に乗せてお子守役と甘がき販売担当。
DSCN6765.JPG
DSCN6729.JPG
DSCN6744.JPG
DSCN6743.JPG
DSCN6742.JPG


今年はお客様の出足が鈍かったが10時30分頃からいつもながらの盛り上がりが

始まり16時30分までに約230人程度のお客様が試飲や手作りおつまみ(焼き鳥、

おでん、芋煮、もつ煮)を楽しまれました。

おつまみはいつもながらの東夢スタッフ婦人部の手作りです。
DSCN6749.JPG

DSCN6758.JPG
DSCN6758.JPG
DSCN6756.JPG
DSCN6735.JPG


今年の特徴としては、グループ参加者が目立ち腰を据えてワインのボトル買いで

つまみを揃えて楽しまれておりました。

遠くからは三重県からバス貸し切りで参加して

頂いたいつものお客様も楽しまれました。


DSCN6746.JPG
DSCN6740.JPG
DSCN6754.JPG
DSCN6761.JPG
DSCN6760.JPG
DSCN6755.JPG
DSCN6753.JPG
DSCN6752.JPG
DSCN6741.JPG
DSCN6737.JPG
DSCN6733.JPG
DSCN6723.JPG
DSCN6751.JPG

8月下旬のアジロンの仕込みから10月17日の甲州種で今季のワインの仕込み作業

が終了いたしました。

今年はおじさん達に加え若者のパワーをが加わりました。

倉庫と工場内は貯蔵タンクで満杯です。

今後は、タンク毎の醗酵状態を観察(貯酒管理)しながら美味しいワインを造り上げる

のです。

美味しいワインまでの道のりはスタートを切ったところです。
DSCN6721.JPG
DSCN6720.JPG
DSCN6715.JPG

DSCN6722.JPG

DSCN6713.JPG

9月28日・29日東夢農場で甲州種5トンの収穫をいたしました。

28日 曇り空 今にも雨が降り出しそうになったり陽が出たりのお天気

   東夢も東夢農場も総出で収穫をいたしました。

29日 天気予報は曇りのち雨、8時から降ってくるまで収穫をしようと始まりました。

    9時頃には雲の切れ目から青空が見え陽が射してきて蒸し暑くなり、雨が降っても

    降らなくてもシャツはびっしょりと濡れてしまいました。

    天気予報が外れたおかげで無理と思われた甲州種5トンの収穫ができました。
DSCN6668.JPG
DSCN6664.JPG
DSCN6660.JPG
DSCN6655.JPG

追記 午後13時30分から山梨放送の「やまなしをのもう」の収録が行われました。

   山梨放送からはパーソナリティー 塩沢美佳子さんが来所しました。

   収録は、山岸顧問が対応し、東夢ワイナリーの生い立ちや、ふくしま支援(福島県

   内のワイナリー発足支援) お客様対応、今後の展開 等について説明いたしました。

   放送予定は後日確定後に連絡を頂くと言う事になりました。

    毎週月曜日16時からの「やまなしをのもう」 で放送されます。  

   
東夢ワイナリーをこよなく愛し続けて頂いている都内の柴崎様の仲良しグループ7名様が

勝沼ワイナリー巡りの中で選定し来所して頂きました。

         ショップでの記念写真 みんなそれなりに映っております
DSCN6651.JPG

ワイナリーには約2時間近く滞在して頂き、東夢農場で栽培した甘ーいピオーネや、香り高い

アジロンぶどうの試食、各種ワインの試飲、ぶどう100%ジュースの試飲等楽しまれ、沢山の

お気に入りワインやワインパミスジャム、ワインパミスのお塩、おつまみ用の「ちーかま」

(立歩き食・許可)等を購入して頂きました。

今回参加された皆様はとてもワインが大好きとお見受けいたしました。

  次のワイナリーにレッツゴー次のワイナリーにレッツゴーと元気よく出発いたしました。

       今後の再開がとても楽しみです。  

                 川辺の微笑みのワイナリー 担当 山岸正夫・記



2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja