2010年1月アーカイブ

葡蘭酎20(赤)の瓶詰め最終工程としてブレンド済み原液の濾過作業をいたしました。

今回使用した濾紙は0.43ミクロンを20枚セットして実施いたしました。

今回から300ミリリットル手の平サイズの可愛く飲み切りサイズでお土産にも最適な葡蘭

酎20(赤)を瓶詰めいたします。近々中に販売予定となります。

 

h22-1-29 300ml 009.jpg

h22-1-29 300ml 001.jpg

 

 

h22-1-29 008.jpg

 

h22-1-29 007.jpg

h22-1-29 006.jpg

 

h22-1-29 002.jpg h22-1-29 003.jpg

 

 

営業拡販

| トラックバック(0)

1番若い荒澤君が本日1人で営業に出かけました。

お客様は、甲府市湯村温泉のホテルです。

お持ちしたワインは、甲州種ぶどう100%のワインとホワイトブランデーをブレンドした

世界で・日本で唯一本の「葡蘭酎」(白)(赤)と、甘い黒蜜の香りを持ちながらキリッとした辛

口に仕上げたアジロン(赤)のご説明に伺わせていただきました。

契約がいただければ幸いです。

後日の結果が楽しみです。

 

 

樽貯蔵2段積み

| トラックバック(0)

15本の樽詰めした小樽をメンバーが作った保管庫に2段積みと平積みをして整理をいた

しました。

樽の中身は 09甲斐ノワール、09鳥居平の夢、09鳥居平の3595、09ベリー

A、08もてなし用です。

隣のぶどう畑では、株主の風間さんが、甲斐路、ピオーネの剪定作業を既に終了し、本日

は小型パワーシャベルで畑の手入れに汗を流しておりました。

h22-1-25 001.jpg

h22-1-25 005.jpg

h22-1-25 008.jpg

 

h22-1-25 014.jpg

 

 

 

 

本日から本格的な樽詰め作業が始まりました。

白ワイン「08年 もてなし」用に使う

08年鳥居平産甲州種500リットル(720ミリリットル瓶約690本分)と

赤ワイン「09年 鳥居平の夢」に使う

09年カベルネソービニヨンとメルローのブレンド480リットル(720ミリリットル

瓶約660本分)

合計約980リットル(小樽4本分)を小樽に詰め貯酒管理をしながらワインを育てます。

 

h22-1-19 003.jpg

h22-1-19 001.jpg

h22-1-19 002.jpg

 

 

 

 

 

開拓団集合

| コメント(243) | トラックバック(0)

1月16日~17日東京の有志8名が「3年後の1杯のワイン」を目指して、甲州市勝沼町

鳥居平地区の耕作放棄地の整備(草刈)に取り組み、ブドウ栽培の準備に入りました。

メンバーの工藤清敏さんは、東夢ワイナリーの高野、山岸が東京新橋駅SL広場で食のお祭り

イベントに出店していた時に知り合いました。それ以降何回が東夢ワイナリーに訪れ今回の

取組みとなりました。

写真はメンバーがまず東夢ワイナリーに集合して昼食をとり山に行き耕作放棄地の開拓をす

る様子です。

 

 

h22-1-16 019.jpg h22-1-16 017.jpg h22-1-16 016.jpg h22-1-16 014.jpg h22-1-16 011.jpg h22-1-16 010.jpg h22-1-16 005.jpg h22-1-16 004.jpg h22-1-16 001.jpg h22-1-16 003.jpg h22-1-16 002.jpg h22-1-16 0051.jpg h22-1-16 0054.jpg h22-1-16 0055.jpg h22-1-16 0056.jpg 

昨年タンク貯蔵しておいたワインを小樽貯蔵する為の準備をいたしました。

小樽は昨年水洗いしイオウ薫浄して保管しておきました。

13個の小樽に事前に水を張っておいたものから水を抜き水切りをいたしました。

今後は、イオウ薫浄をして小樽貯蔵の準備が完了となります。

 

また、午前中に

山梨県福祉保健部衛生監視指導センターから2名の食品監視指導幹の立入りがあり

ワインの品質検査(亜硫酸塩含有量)の為、ワイン白赤各1本づつ提出。

井戸水検査(残留塩素)測定を受け合格となりました。(3枚目の写真)

 

h22-1-14 006.jpg

 

h22-1-14 005.jpg

 

h22-1-14 002.jpg

 

葡蘭酎のポスターを独自に甲府の 備長・炭火焼「いけ田」さんのマスターが作成してく

れました。(いけ田様は、甲府駅南口平和通り西側を南へ2~3分「駅前ちょうちん横丁

加盟店です)

このことは、

 ーぶどうの郷からワインビーフと葡蘭酎ー と題して山梨県の旨いものを紹介してくれました。

ぶどうで育てた甲州ワインビーフとワインの風味と焼酎の切れ味「葡蘭酎」を「いけ田」様

でメニューにあげていただいております。

ポスターの女優さんは山梨県出身の白須慶子さんです。

白州さんは以前、甲州信玄公祭りの湖姫役で活躍し今は東京で女優として活躍しておりま

す。

h22-1-13 005.jpg

 

 

 

勝沼雪景色

| コメント(185) | トラックバック(0)

勝沼では、今シーズン本格的な雪は初めてです。

12時近くから降り出し13時50分現在のワイナリーの周りの雪景色です。

一枚目の写真の奥に映っている橋が、当ワイナリーのオリジナル商品「葡蘭酎25(白)」のラ

ベルに使われている祝橋です。

二枚目の写真は、5月になれば毎日たけのこが採れる竹やぶです。昨年の若竹が雪の重みで

しなりかけております。

 

h22-1-12 004.jpg

 

h22-1-12 005.jpg

 

仕事始め昼食会

| コメント(3) | トラックバック(0)

全員が集まり正式には本日が仕事始めとなりました。

昨年の仕事納めの時、新年は「すき焼き」でスタートと、重要事項なので経営会議で決定

しておりました。

本日のすき焼きは、土橋コック長が自分の畑で栽培した白菜、ネギを持参してくれまし

た。

肉は経理部長が2キログラム買い付けてくれ満腹の美味しい昼食会となりました。

また、昼食応援に米山さんのお孫さん渡辺風夏チャン小学三年生が駆けつけてくれ、チョ

イ悪おじさん達が大はしゃぎでした。

写真の風船を膨らませているのが風夏チャンです。

 

h22-1-7 001.jpg

 

h22-1-7 002.jpg

 

h22-1-7 004.jpg

 

h22-1-7 005.jpg

 

 

h22-1-7 007.jpg

 

 

本日の日本経済新聞・生活30面に東夢ワイナリー髙野社長が紹介されております。

自らの東夢ワイナリーへの取り組み姿勢を熱く語っております。

    Over65堂々現役

    「これだ」と思った。人生は挑戦

この記事を見て、以前、山梨甲府放送局に勤務していたNHKの原大策アナウンサーからも、北道道函

館から励ましの電話をいただきました。

今年もガ・ン・バ・リまーす。

 

年賀状

| トラックバック(0)

新年明けましておめでとうございます。

年賀状が届きまして、幾つかコメントがありました。

○スローライフで行こうね。

○海外旅行に行こう。

○美味しいワインを造ろう。

○目票二万本を目指そう。

これを今年の目票ににします。

冬の甲府盆地は南アルプスです、何時見ても綺麗だなーと

PC220009.JPG

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja