2011年3月アーカイブ

本日10時より 山梨税務署 船山信夫署長から

 「果実酒製造免許通知」

 「甘味果実酒製造免許通知」を

山梨税務署で高野社長と有泉さんが出席して交付を受けました。

h23-3-31  祝 永久免許交付される 007.jpg東夢ワイナリーの今まで3年間の製造免許は1年毎の期限付き免許であり、

税務署で醸造方法、貯酒管理、販売状況などを審査されてきました。

 

東夢ワイナリー全員の努力と、日頃から東夢ワイナリーをこよなく愛して

頂いてる皆様のおかげで、本日永久製造免許を頂く事が出来ました。

日川の石の上にも3年と言う事かナ‼ (ワイナリーの前に清く澄渡った

日川・にっかわ)が流れております。

 

今後も東夢らしく頑張りますので宜しくお願い致します。

全員で感謝の気持ちを込めて 礼 (ペコリ)

 

 

 

 

 

3月28日 義援金

| コメント(184) | トラックバック(0)

2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」の被害に

対して義援金による支援をしたいと思います。

つきましては、東夢ワイナリーで蔵元販売として好評を頂いております

h22-3-30元 003.jpg  甲州種勝沼産ぶどう100% 白ワイン「元はじめ」

  1,300円/本を 1ケース6本入 5,000円(送料込)

として先着注文順に6ケースを販売し販売金額全額を義援金とさせていた

だきます。

皆様のご協力をお願い致します。

 

注文先 

株式会社東夢

  電話/FAX   0553ー44ー5535

 mail toumu0553@ybb.ne.jp  です。 

 

 

 

 

 

11時頃農園に行っている井上さんから電話が入りました。

畑に掛けておいた罠に鹿が掛かっており死んでいるようだとの連絡で

皆で畑に直行いたしました。

鹿は体重40~50キロで左前足が罠に掛かり横たわっており既に

死んでおり手厚く葬りました。

 

今朝のテレビ・新聞に各店舗のミネラルウオーターが売り切れの記事が

報道されており、県下の「道の駅」の湧き水に大行列の報道もされて

おります。

東夢ワイナリーで使用している飲料水は、ワイナリー敷地内の井戸か

ら汲み上げて使用しております。

「ディレカマイナスイオン装置付の水道もあります」

ブログ購読者の皆様で、安全な水が必要でしたら東夢ワイナリーの

井戸水を活用してください。

もちろん無料です。

ただし水を入れる容器を持参してください。

土日祝祭日は事前に連絡をいただければ幸いです。

 

東夢ワイナリーご案内

住  所  山梨県甲州市勝沼町勝沼2562-2

電  話  0553ー44ー5535

交通手段  お車の場合 中央高速勝沼インターより約5分

      中央高速道路「勝沼インター」より勝沼バイパスを甲府方面へ向かい、

      下岩崎交差点(2つ目の信号)を右折し「ぶどう橋」を渡りすぐ右折し

      日川(にっかわ)沿いを300メートル直進してください。

      ブドウ畑の中にワイナリーがあります。

 

 

 

 

 

3月11日の大地震の影響について心配しておりましたが東夢ワイナリー

内での被害はありませんでした。

ただし、井戸水を使用しているために水道水が濁りましたが本日までに通常

どうりの水道水に戻りました。

 

皆様のワインセラーの様子

 ボトル破損なし

h23-3-13  大地震影響なし 001.jpg

h23-3-13  大地震影響なし 003.jpg

ワイン保管庫

 崩れ荷もありません

h23-3-13  大地震影響なし 004.jpg

 

貯蔵タンク設置状況

h23-3-13  大地震影響なし 005.jpg

h23-3-13  大地震影響なし 006.jpg

 

樽貯蔵の様子

 2段済みも崩れていません。

h23-3-13  大地震影響なし 007.jpg

h23-3-13  大地震影響なし 009.jpg

ブランデー甕貯蔵の様子

 甕も割れておりません

h23-3-13  大地震影響なし 008.jpg

 

 

3月26日(土) 横浜市中区元町の 「ソムリエの台所 天空(そら)」様で

東夢ワイナリーのワイン試飲会を開催いたします。

 

試飲会は、オーナーソムリエの大山さんが、昨年の勝沼ワインツーリズムの

時に東夢ワイナリーを訪れてくれたのをきっかけに今回の試飲会の開催とな

りました。

 

大山様は日本のワインを世界に広め

甲州ワインの素晴らしさを知ってほしいと活動を継続しております。

 

当日は東夢から高野社長、山岸営業部長が参加しお手伝いをさせていた

だきます。

当ブログを見ていただいた皆様のご参加をいただければ幸いです。

 

参加料 3,500円

試飲会 18時~20時

懇談会 20時~21時 (希望者)

参加申込 「ソムリエの台所 天空(そら)」

     電話 045ー681ー9020 へお願い致します。

2日前の雪も融けましたが午後の風は冷たく肌にしみこみます。

同じ冷たさの風でもゴルフをしている時はこんなに感じません。

作業に対して真剣さが足りないのかな?

いやいやゴルフの方に力が入りすぎているという事でしょう。

ものは考えようです。

先ずは休憩小屋、雨水を濾過して溜めとく貯蔵タンク、畑での

休憩椅子・机全て使用可。

 

奥に見えるのが

第一号の休憩小屋、その右側が水の貯水槽、手前休憩椅子とテーブル

休憩設備OK

h23-3-9  ピノノワール剪定 004.jpg

 

それでは作業に取り掛かります。

剪定作業は、事前に基本を皆で確認してのスタートですが、秋には

どのような枝ぶりに房がつくでしょうか楽しみです。

 

田中さん、井上さん、米山さんの剪定風景です

h23-3-9  ピノノワール剪定 007.jpg h23-3-9  ピノノワール剪定 011.jpg h23-3-9  ピノノワール剪定 012.jpg h23-3-9  ピノノワール剪定 016.jpg剪定作業と同時に剪定した枝は焼却場所に運び後工程を考えた作業

となっております。偉い皆さんです。

h23-3-9  ピノノワール剪定 019.jpg

h23-3-9  ピノノワール剪定 021.jpg

h23-3-9  ピノノワール剪定 005.jpg

 

 

 

3月に入ってから荒澤君が新規営業開拓に県内お土産屋さんを重点に

飛び込み営業を実施しております。

3日間でと山梨市と塩山地区から計2軒のお土産屋さんから「葡蘭酎」の

納入契約を頂きました。

 

山梨市駅前「森田屋様」

h23-3-4  飛込み営業土産店風景 016.jpg

h23-3-4  飛込み営業土産店風景 017.jpg h23-3-4  飛込み営業土産店風景 018.jpg h23-3-4  飛込み営業土産店風景 019.jpg

 

 

 

 

 

 

塩山恵林境内「一休庵様」

h23-3-4  飛込み営業土産店風景 013.jpg

h23-3-4  飛込み営業土産店風景 009.jpg h23-3-4  飛込み営業土産店風景 004.jpg h23-3-4  飛込み営業土産店風景 003.jpgお店では葡蘭酎が何処にも納入されてな

い東夢ワイナリー独自の商品

であることと、300mlのかわいい瓶・

一輪挿しの花瓶にも活用でき

るカワイイ瓶が好評です。

 

今からの観光シーズンを迎え、桃の花・桜の花等の花が咲きそろう甲

斐路で皆様をお待ち申し上げます。

約1ヵ月後には写真のような満開の桜が観賞できます。

(昨年の勝沼ぶどう郷駅付近)

h21.4.6桜と桃の花。 001.jpg h21.4.6桜と桃の花。 002.jpg 

2月28日都内を中心に参加された「東夢ワイナリーワインクラブ」

13名(含む家族)の会員は、鳥居平の畑で高野社長から剪定作業の指導

を受けた後に、それそぞれの想いを込めてメルローの剪定作業に取り組

まれました。

この剪定した枝から新枝が伸び秋にはメルローの房がしっかりと実りワ

インになるのを見とどけて頂きます。

剪定作業の後は、ワイナリーに戻り剪定作業の反省会と懇談会が開催さ

れワイン話とテイスティングで盛り上がり、心行くまでワインを満喫し

た模様です。

          「東夢ワイナリーワインクラブ情報紙です。」

 

h23-3-3  ワインクラブ情報 001.jpg

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja