2013年4月アーカイブ

4月23日食品工場工事着工

| トラックバック(0)

6次化産業の食品工場建設にかかわる工事が始まりました。

まず基礎工事が始まり大きな石が沢山出てきました。

ここは昔から河原だった為、石や砂が多く水はけがよくぶどう作りには最適な

条件がそろっております。その代わり工事は大変です。

4月23日食品工場工事着工  012.jpg

4月23日食品工場工事着工  009.jpg

4月23日食品工場工事着工  008.jpg

4月23日食品工場工事着工  005.jpg

1.

6次化産業法の認定 

  平成24年10月31日付 農林水産大臣 郡司彰

平成24年度から平成29年度の5年間で、東夢ワイナリーが6次化産業を推進し

経営の充実・拡大を図る体制を国としてもバックアップしてくれる制度認定です。

経過と予定

  平成25年4月  1日  工場建設入札公示  済

  平成25年4月17日  入札実施   済

  平成25年4月19日  工事契約・工事スタート予定

       平成25年6月 末  食品工場竣工予定   

 

2.中小企業経営革新法の承認

  平成25年2月4日付 山梨県知事 横内正明

東夢ワイナリーとして上記食品部門を新設し平成29年度までに収益が30%

増額できるよう国・山梨県も支援することが承認されました。

 

食品工場建設用地

4月15日 食品工場予定地 003.jpg

 
気象条件に恵まれ「当たり年」となった2012
年勝沼町風間農園産単一畑の甲州種だけで
醸造した白ワインです。
 
栽培された畑は東夢ワイナリー北側の畑で、
勝沼でも甲州種栽培発祥の場所と言われ、
日川沿いで日当たりと水はけの良い歴史あ
る畑で収穫されたぶどうが原料となっており
ます。
 
味わいは、甲州種特有の香りを生かしたふっくらとした厚みの中に、酸は控えめでやや辛口、後味に繊細な余韻が楽しめます。
一度はお楽しみいただきたい逸品です
 
風間さんは勝沼町ぶどう栽培指導員として活躍してきました。
その風間さんが丹精込めて栽培した甲州種を醸造しました。
 
2012年 河原の甲州 かざま() 
      1,890円・税込
 
4月16日祝橋  005.jpg 
4月15日 祝橋と河原の甲州 013.jpg 
 

4月11日 髙野家お孫様

| トラックバック(0)

風も無い散歩日和の本日、髙野さんの娘さん、さくらチャンご夫婦がお子様

連れで東夢ワイナリーに立ち寄ってくれました。今年の2月13日に誕生し

た秦汰(そうた)君はパパの腕に抱かれてスヤスヤスヤスヤです。眠っていて

ほしい食事時には泣き出すかも知れませんね!

ワイン好きになるかな!

4月11日 髙野家お孫.jpg

 

気になる桃の花

| トラックバック(0)

長い間ブログをお休みして申し訳ありませんでした。

本日からワイナリーに関係する話題・おじさんたちの働き具合などあらゆる

話題を報告させていただきます。

まず、東京地区のの皆様の気になる桃の花情報です。

勝沼、一宮の桃の花が咲きそろっております。

勝沼バイパス沿い風景、今週末までが見ごろと思います。

 

4月4日 勝沼の桃畑 009.jpg 4月4日 勝沼の桃畑 011.jpg 4月4日 勝沼の桃畑 005.jpg 4月4日 勝沼の桃畑 006.jpg 4月4日 勝沼の桃畑 007.jpg 4月4日 勝沼の桃畑 008.jpg東夢ワイナリー玄関の花桃の花も咲きそろいました。

東京の名古屋様見てくれているかなー6日(土)は桃の花見が出来そうですね。

4月4日 勝沼の桃畑 012.jpg

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja