2014年8月アーカイブ

ワイナリーは壇蜜の香り??!!

ああ、間違えました 正解は 「ワイナリーは黒蜜の香り」でした。

8月23日スタッフだけで仕込んだアジロンの香り(甘く黒蜜の香り)がワイナリーを包み

込んでおります。
DSCN5545.JPG

お客様からこの香りは何ですかと尋ねられ

この香りは「ワインになるアジロン」の香りです ヨ。 と説明

結果として、2013年アジロンを試飲してお買いあげ頂いております。

現在仕込中の「2014年アジロンワイン」は12月頃の販売を予定しております。

甘い黒蜜の香りを ソット 貴方も味わってみてはいかがでしょうか!


アジロンの香りに包まれながら一方では

食品部のジュースラベル貼りの最中です。
DSCN5538.JPG

このジュースは、牧丘町の広瀬さんが栽培したヤマソービニオン100%で作りました。

この商品は「ノンアルコールワイン ヤマソービニオン」としても使用可と思います。
DSCN5542.JPG
DSCN5541.JPG




38名のお客様が東京より見えられ、高野社長以下全員で対応させて頂きました。

まず、高野社長よりワイナリー発足当時からの取組や鳥居平畑の耕作経過説明
DSCN5526.JPG
DSCN5527.JPG

山岸部長からの葡蘭酎、ワインの説明と売店販売

小原さんと千田さんは試飲係と手分けでおじさん達は頑張りました。
DSCN5532.JPG
DSCN5535.JPG

特に、葡蘭酎とアジロンが皆さんお気に入りでお買い上げいただきました。
DSCN5536.JPG
DSCN5531.JPG
DSCN5530.JPG



また、浜松市からは前にみえられたお客様からの紹介で若いお客様6名が見えられ

アジロンの香り味に驚きお買い上げ頂きました。
DSCN5523.JPG



ワイナリー玄関にはハイビスカスの真っ赤な花が今日も咲きお客様をお待ちしております。

おじ様達の熱き心を上手に表現しております。
DSCN5502.JPG

また屋外では白(はく)セキレイの巣を見つけ卵が入っておりました。

刺激をしないよう暖かく見守ります。外気はとても暑く猛暑です。
DSCN5517.JPG


8月21日鳥居平自社農園のメルロー、ピノノワール、カベルネソーヴ二ヨンの状況確認に

高野社長と田辺君で行ってきました。

収穫日程は

メルロー    本日の糖度14.5度 糖度と酸のバランスを見ながら収穫まで3週間程度
DSCN5505.JPG
DSCN5503.JPG

ピノノワール 本日の糖度14度    糖度と酸のバランスを見ながら収穫まで2週間程度
DSCN5510.JPG
  
カベルネソーヴ二ヨン  収穫まで一ケ月程度となります。
DSCN5512.JPG
DSCN5511.JPG


今年最初の仕込みは8月23日(土)にアジロンを仕込みます。

例年の仕込み祭りは今年は作業日程の都合で中止といたしました。毎年参加して頂いて

いる「東夢ワイナリーをこよなく愛する」皆様申し訳ありません。




おじさん達はお盆でも働いております。

昨日は「13年勝沼ビジュノワール」と「13年甲斐ノワール」を冷却タンクに移し空き樽の酒石酸

や澱の洗浄をいたしました。

            ワイナリーの勉強中の千田さん
DSCN5500.JPG

また、本日も「13年樽熟成鳥居平の夢」を冷却タンクに移しました。

冷却タンクには2週間程度入れて冷却し酒石酸などを落とします。
DSCN5498.JPG
荒澤課長は

昨日から甲府の「かいてらす」でワイン販売のお手伝いをして東夢ワインの売り上げに取り組

んでおります。 なかなかの売上です。

14日からは河口湖オルゴールの森美術館でワイン販売のお手伝いが予定されております。

お近くに立ち寄った際には声をかけていたただければ幸いです。

8月6日 職場体験学習

| トラックバック(0)
8月4日~6日で甲府市立南中学校2年生の山岸永遠(とわ)君が職場体験研修に来ました。

DSCN5486.JPG

1日目は

 ①ぶどうジュースのラベル貼り

 ②ワイン瓶の洗浄~瓶詰~コルク打栓器を使ったコルク打ち~高圧ドライヤーを使ったキャッ

 プシール掛け
DSCN5483.JPG
DSCN5482.JPG

DSCN5476.JPG
DSCN5475.JPG
 
 ③用具洗浄 等体験をいたしました。

2日目は
 
 赤ワインを冷却タンクから取り出しパッド(濾紙・ろし)を使い濾過(ろか)体験いたしました。
DSCN5492.JPG
DSCN5488.JPG

 濾過の目的は、ワインの中の固形物や酵母等の微生物を除去しワインの透明度や安定

 性を高めるための作業です。

職場体験研修が少しでも役立てばとスタッフ全

員で対応させて頂きました。

研修ご苦労様でした。







アルメニア共和国政府・民間関係者12名の日本視察研修7月29日~8月8日の間で

東京~山梨~北海道を研修視察するようです。

1日は東夢ワイナリーを訪れて頂き、高野社長から甲州弁で東夢ワイナリーの姿勢として

①リピーターを増やし「おもてなし」の心を持った対応。

②お客様の意見を取り入れ差別化を図ってきた取組姿勢 等の説明をいたしました。
DSCN5458.JPG

DSCN5449.JPG



アルメニアの皆さんはロシア語なので、歓迎の

挨拶はしゃべれないので国旗を飾って歓迎

の気持ちを表現し皆さんから拍手を頂きました。

試飲では、葡蘭酎、勝沼ビジュノワール(赤)、樽熟成鳥居平もてなし(白)を飲んで頂き
DSCN5451.JPG

皆さんに意見を聞いたところ、樽熟成鳥居平もて

なし(白)が大変美味しかったと評価を

頂きました。
DSCN5454.JPG
DSCN5451.JPG

山梨の暑さの中研修の皆様本当にご苦労様でした。
DSCN5465.JPG
DSCN5460.JPG
DSCN5455.JPG

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja