2月17日 各種自動化装置導入

| トラックバック(0)
東夢ワインリーでも主要機器の自動化が県・国からの補助金の活用で導入できました。

導入に際し、県・国との交渉打合せ、大量の申請書類の作成、機械操作の確認など

高野会長が一手に引き受けて各種自動化装置の導入となりました。

導入装置

①濾過機

従来は半自動の中古機器で濾過器のサイズに濾紙をカットしこの濾紙を重ねワインを

通過させる事により濾過を実施してきましたが、今度は専用のセラミックフィルターを

セットし濾過ができ手間いらずです。

   写真は山岸の技術不足で縦になりません、後90度右に立てて見て下さい。

DSCN6876.JPG


②タックラベラー機

従来は半自動の中古機器でしたが、今度は瓶をコンベアーに流せば表ラベル、裏ラベル、

が同時に貼れます。また、キャップシールも瓶にセットして流せばきれいにセットできます。

DSCN6869.JPG


③減圧蒸留装置

大変高額の装置です。

葡蘭酎等を造る時のブランデー造りに欠かせない装置です。

     写真は山岸の技術不足で縦になりません、後90度右に立てて見て下さい。

DSCN6874.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toumuwinery.com/mt/mt-tb.cgi/574

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年2月17日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月18日 鉄板焼 千珠様 来所」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja