4月5日 ぶどうの苗木(接ぎ木)作り

| トラックバック(0)
東夢ワイナリースタッフの渡辺さんが自分の畑用に甲州種、メルロー、カベルネ等の

接ぎ木200本を作りました。

次の作業は、接いだ木を接ぎ木箱に入れ温めて芽が出るのを待ちます。

昨今は全国的にワイナリー建設が活発でぶどうの苗木が不足しております。もちろん価格も

高騰しております。

渡辺さんが接ぎ木用の器械を使って穂木と台木に切り込みを入れてます。
DSCN6930.JPG
短い木が穂木(上部になります) 長いほうが台木(下部になります)
DSCN6933.JPG

コンロでロウを溶かし接続部分をコーティングします
DSCN6935.JPG

200本の接ぎ木完了
DSCN6937.JPG
DSCN6932.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toumuwinery.com/mt/mt-tb.cgi/578

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年4月 5日 16:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月17日 商標登録証 届く」です。

次のブログ記事は「同級生グループワイワイガヤガヤ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク集



クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。
山梨ワイナリー協会
★あなたもワインの審査をしてみませんか!!
昨年度大好評につき今年も開催します。 当協会はワインの品質向上を図るため、毎年1回、山梨県全域の79社のワイナリーが実際に販売しているワインを一堂に集め審査会を行っています。 そこで審査会で使用したものと同じワインを一般の皆様にも審査していただくよう企画しましたので振るってご参加ください。ワインを愛するあなたをお待ちしております。


訪問者カウンター
Powered by Movable Type 4.25rc3-ja